プロ直伝!薄毛に効果が期待できる育毛剤の選び方とおすすめ3選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
プロ直伝!薄毛に効果が期待できる育毛剤の選び方とおすすめ3選

「何とか薄毛を改善したい」「どうせ使うなら少しでも効果がある育毛剤を使いたい」そんなことを考えていませんか?

育毛剤の中には、1つだけ効果があるものもありますが、効果が見込めないものもあるため注意が必要です。

このページでは30本以上の育毛剤を使ってきた筆者が、客観的な視点から育毛剤を徹底的に比較し、薄毛に効果がある育毛剤について以下の流れで紹介して行きます。

  1. 薄毛に育毛剤は本当に効くの?30種類使った経験から
  2. 育毛剤の効果とリスク
  3. 筆者も使ってわかった!薄毛におすすめの育毛剤
  4. 薄毛の効果を最大限高める使い方
  5. 育毛剤のメリットとデメリットと効果の高い育毛対策
  6. 育毛剤や薄毛についてのQ&A

このページを読んでいただければ、育毛剤選びのポイントやおすすめの育毛剤について知識が身につき、薄毛の改善にグッと近づくことができるでしょう。

著者プロフィール
20代の頃から薄毛に悩み、いろいろな対策を行ってきました。
育毛剤に関しては、43歳の現在までに使った数は30本以上、その額50万円以上。正直効果がないものも多く、「広告に騙された」と痛感。そこから本当に効果があるのか?効果があるものはどれなのか?気になって成分などを勉強してきました。
趣味は釣り。


<2020年10月:育毛剤最新ニュース>

紫外線や頭皮の蒸れが少なくなってきた10月は、薄毛対策を始めるのにベストな時期です。来年春までに改善を目指すのであれば少しでも早く対策を始めましょう。

ただ、最初は育毛剤ではなく、医師に診てもらうのがあなたにあった対策を見つける近道です。新型コロナウイルスが心配な今の時期ですが、薄毛専門クリニックも下記のようになっていて比較的安心です。

  • 最大手の「AGAスキンクリニック」には待合室がなく、行くとすぐ診察用の個室に通されますので他の患者に会うことは少ないです。「全額返金プラン」もありお財布的にも薄毛治療を始めやすいです。
  • AGAヘアクリニック」が家にいながら治療可能な「スマホの無料診察」実施中。外出が心配な今の時期も一切外出せずに医師の診療を受けられます。

1. 薄毛に育毛剤は本当に効くの?30種類使った経験から

薄毛が気になりだしたら、育毛剤を使おうかなと検討し始める人はとても多いようですね。私も薄毛対策として一番最初に使ったのが育毛剤で様々なものを試しました。

育毛剤の中で最終的に行き着いた薄毛に効く育毛剤は『リアップ』でした。

このページでは薄毛に効果がある育毛剤について紹介していきますが、その前にそもそも薄毛は育毛剤で治るのか?というところから解説していきましょう。

1-1 そもそも薄毛は育毛剤で治るの?

私は、30代の頃から薄毛に悩み、その後10年で30本以上の育毛剤を使ってきました。使った金額は50万円以上。

私は、「発毛できる」「元どおりになる」という旨の広告をうのみにして10年間使い、いくら使っても効果がなかなか感じられなかったので、成分などを徹底的に調べました。

その結果、一般的な育毛剤には「期待していい効果」と「期待しないほうがいい効果」があることが見えてきました。

30本の育毛剤を使い、成分まで確かめた結論

つまり、育毛剤には髪を生やしたり、薄毛を改善するほどのパワーは期待できないでしょう。

得られたとしても、あくまでもこれ以上悪くさせないための「現状維持」や一時的な「抜け毛の減少」「髪にコシがでた」などの効果でしょう。

育毛剤を使っていて、最終的に行き着いたのが医薬品である『リアップ』でした。

1-2. 薄毛に唯一効くと言える育毛剤『リアップ』

ミノキシジルを配合した製品

このリアップはミノキシジルという成分を配合し、育毛剤の中で数少ない医薬品に分類されます。血行をよくして頭皮に栄養を行き渡らせ髪を太くしたり、発毛を促進する効果が期待できます。

実際に、リアップは臨床データなども取られており、発毛効果や髪を太くする効果が証明されています。

次に、リアップの効果と副作用について紹介します。

リアップシリーズの効果

ミノキシジルの作用

ミノキシジルの詳しい作用機序は明らかになっていませんが2つの効果があります。

  • 血管拡張作用
  • 毛母細胞の活性化

ミノキシジルには頭皮の血管を拡張し、髪に栄養を届けやすくし髪を太くする効果があるとされています。さらに、毛母細胞を活性化すると言われており、発毛を促す効果があるとされています。

もともと、高血圧の患者に血圧を下げる薬として使われていましたが、副作用として体毛が濃くなったことから、改良され薄毛への治療として使われるようになったという背景があります。

ミノキシジルの副作用

発毛に高い効果が期待できるミノキシジルですが、以下のような副作用のリスクがあることも覚えておく必要があります。

ミノキシジルの副作用発症率
頭部のトラブル(かぶれ、かゆみ、赤み、ほてりなど)4~10%
低血圧症、初期脱毛、循環器系の障害、頭痛1%未満

ミノキシジルは血行をよくする代わりに、頭皮や顔にかぶれやかゆみが出たり、火照ったり赤くなるといった症状が高い頻度で出ます。

また、塗り薬であることによって確率は下がっていますが、もともと血圧を下げるために使っていた成分であることから、低血圧によりめまいがしたり、頭痛がおこる可能性もあります。

もともと血圧が低い人や、肝臓が悪い人は使わない方が良いかもしれません。

私自身、使ってから、かゆみやフケが出てちょっと厳しかったです。リアップは血管を広げる作用があることから、かゆみを感じたり、それがきっかけで頭皮が荒れてしまうことも珍しくないようです。

1-3. 今はクリニックで薄毛治療をする時代..?

リアップまで行き着いた私でしたが、かゆみやフケが出たので使用をストップしました。そこで着目したのが「AGA専門クリニックで処方してもらえる医薬品」です。

AGAクリニックに行って、20分くらいで薬を処方してもらい使っていると抜け毛が減り、1年後には地肌が見えていた頭が、まだ薄いものの、地肌が目立たないくらいに回復しました。

私と同様に、育毛剤に不信感を持つ人や効き目がなかったという人が、クリニックで処方してもらうケースが増えているようです。

病院に対して私が持っていた「誤解」

ただし、育毛剤を30種類、総額50万円ほどを使うまで、AGAクリニックという選択肢は出てきませんでした。

これは、育毛剤を売りたい人たちが流した悪い情報のせいです。

実際行ってみたら、世の中で言われているような心配事は全く気になりませんでした。

クリニックに行く前のイメージ・行ってみたイメージ

リアップは副作用が8%前後でしたが、病院の薬の中には1%未満の誤差のような確率でしか副作用が確認されていない薬もあります。(リアップとは違う角度から薄毛にアプローチする薬があります。)

上記のような育毛剤を売るために流された病院の悪評は気にしすぎないようにしましょう!

もし心配なら、気をつけるべきなのはクリニックの選び方で、以下に気をつければ失敗しにくいです。

  • 無料カウンセリングしてもらえること
  • 副作用のリスクを踏まえて色々な治療法ができること
  • 治療薬を安く処方してくれること
  • 薄毛専門のクリニックであること

こういった観点で、クリニックを選べば失敗しにくいです。

この観点で選ぶとしたら『AGAスキンクリニック』がおすすめです。

薄毛専門のクリニックについてはこちら「薄毛治療完全ガイド|何科に行くべき?から全国地域別おすすめ病院まで」の記事で詳しく紹介していますので、参考にしてみてください。

理想は、クリニックでAGA治療薬の代表的な「プロペシア」医薬品を処方してもらい、必要な場合はリアップなどを併用して使うことがおすすめです。

以上の内容を踏まえた上で、「まずは育毛剤からかな?」と思われる人はこのまま読みすすめていきましょう。

2. 育毛剤の効果とリスク

ここからは、リアップ以外の育毛剤について解説していきます。

リアップ以外の育毛剤の効果については具体的にデータが取られていたり、何かが証明されていたりするわけではないので、はっきりと効果があると言えません。

そこで、実際にはどんな効果が期待できるのか?リスクはないのか?などについて解説していきます。

2-1. 育毛剤でどんな効果があるの?

育毛剤はあたかも薄毛を改善できるかのような宣伝文句を打ち出していますが、実際には「育毛剤で髪が生える!」とは言うことはできません。

育毛剤に期待できる効果は、抜け毛を減らしたり薄毛の悪化を防いだり、頭皮環境を改善するなどです。

主に、下記のような頭皮の状態が抜け毛に繋がったり髪のボリュームの低下の原因になることがあり、育毛剤に配合された「血行促進作用」「抗炎症作用」「抗菌作用」がある成分の力で頭皮環境を整え、血行不良や皮脂などのケアをしています。

  • 血行が良くない → 栄養が届かずに髪が細くなる
  • 皮脂が多い → 炎症を引き起こして抜け毛に繋がる・フケが毛穴に詰まって抜け毛に繋がる

頭皮環境を整える効果が期待できる育毛剤ですが、「育毛剤は効かない」と言われることもよくあります。その理由について次に解説します。

2-2. 育毛剤はなぜ効かないと言われるの?

生え際が後退したり、頭頂部の地肌が見えるほどの薄毛の原因の多くは男性型脱毛症という症状であり、男性ホルモンの一種であるDHTが原因です。

薄毛を本当の意味で改善するためには、このDHTに対して効果がある成分が配合されていなければなりません。

しかし、DHTの生成を防ぐ効果が臨床試験などで調査され、効果が公的に認められているのは「プロペシア」「ザガーロ」などの医薬品だけです。

育毛剤は効果があると証明もされていませんし、薄毛の改善ができると思って実際に使ってみた人も思うような効果が得られなかった人が多いため、「育毛剤が効かない」という情報が定着しはじめたのではないでしょうか。

2-3. 育毛剤にリスクはないの?

医薬品であるリアップはしっかりと効果がある反面、副作用の報告もされています。

逆に、医薬品以外の育毛剤については体調に関わるほどの副作用はまずないでしょう。

ただ、頭皮などに下記のようなトラブルが起こる可能性はあります。

  • 頭皮の乾燥
  • 頭皮が荒れる(フケが出る)
  • 抜け毛が増える

育毛剤にはアルコール、頭皮を溶かすような成分、殺菌成分などが入っており、敏感肌な人は、それらが原因で頭皮の乾燥に繋がったり、フケの悪化に繋がることがあります。

最悪の場合、抜け毛が増えるという人もいます。筆者は悪化することはありませんでしたが、フケが出たりかゆみが出たこともありました。

特に市販の育毛剤はアルコールの濃度や刺激になる可能性のある成分が多く入っているケースが多いため、敏感な人は注意しましょう。通販の育毛剤については比較的低刺激です。

2-4.効果が現れるまでの期間は?

髪に効果が出はじめるには最短でも3ヶ月、髪が増えたと実感できるようになるまでには速くても6ヶ月程度時間がかかります。

頭髪は下記の図のような「髪が生え、成長し、抜ける」という一定の成長サイクルを繰り返していますが、薄毛の人はこの「成長期」が短くなっています。

薄毛の人のヘアサイクルの仕組み

成長期が短くなると、髪が成長する前に抜けてしまうため、細い髪や短い髪が多くなってきます。

髪が薄い状態は上記の図の休止期の状態にある髪が多いという状態であり、休止期を経て産毛が生え始めるまでには最短でも3ヶ月はかかります。

さらに、生えた産毛が成長し、髪が増えたと実感できる程度まで伸びるまでにはさらに時間がかかるため、最短でも6ヶ月もの期間がかかるというわけです。

3. 筆者も使ってわかった!薄毛におすすめの育毛剤

高い効果を求めるのであれば、クリニックに行ってAGA治療薬を使用しリアップを併用することがおすすめですが、下記にあてはまる人は一般的な育毛剤を使っても良いでしょう。

  • 髪の現状を維持したい
  • 将来のために予防がしたい
  • 医薬品は使いたくない

この章では少しでも期待できる効果が高いものを選ぶために選び方からおすすめまで紹介していきます。

3-1. 育毛剤を選ぶ際の2つのポイント

リアップ以外の育毛剤は、薄毛の改善についての効果は認められていないので、正直どれを使っても大きな差はないと考えています。

しかし、育毛剤は商品によって配合されている成分が多いものもあれば少ないものもあり、価格にも大きな開きがあります。

そこで下記の2つのポイントで選ぶことをおすすめします。

  • コスパが良いこと
  • 成分数が多いこと

なるべく成分の多いものの中で、価格の安いコスパの良いものを選ぶのが理想です。

3-2. 成分を徹底比較してわかった!おすすめの育毛剤3選

筆者は実際に30種類以上の育毛剤を試してきましたが、どれも大きな差はありませんでした。

「せいぜい抜け毛が減ったかな?」「少しボリュームが出たかな?」という程度で薄毛が改善する程度ではありませんでした。

私は今は使っていませんが、少し前までコスパが良かったので『チャップアップ』を使っていました。

実際に成分を比べてみても、様々な成分がバランスよく成分が配合されており、優劣をつけるのは非常に難しいです。

そこで今回は、下記の2つの効果が期待できる成分の配合数を比較し、おすすめ度を評価しました。

  • 改善:血行促進/毛母細胞を活性化が期待できる成分
  • 現状維持:DHTを抑制/抜け毛防止/頭皮環境の改善が期待できる成分

おすすめ度は上記成分の配合数で評価しています。「A=3つ、B=2つ、C=1つ、D=0、S=4つ以上」

少しでも良い育毛剤を選ぶために、たくさんの育毛剤の中から価格と成分数について徹底的に比較した結果を下記の表に示しました。

区分1ヶ月あたり価格返金保証成分(改善)成分(現状維持)
チャップアップ医薬部外品6,728円初回/期間なしSS
イクオスEXプラス医薬部外品7,980円初回/90日間SS
ポリピュアEX医薬部外品6,182円初回/45日間AS
薬用アデノゲンEX医薬部外品5,600円なしSA
サクセス バイタルチャージ 薬用育毛剤医薬部外品2,141円なしAA
モウガ 育毛剤医薬部外品1,140円なしAC
薬用育毛 フレッシュトニック 柑橘EX医薬部外品482円なしCS
薬用育毛剤 カミノ21医薬部外品2,000円なしCA
フレッシュリアップ 薬用育毛トニック医薬部外品1,103円なしBA
スカルプD 薬用育毛トニック医薬部外品3,000円なしBS
MARO薬用育毛3Dエッセンス医薬部外品1,718円なしBS
ライオン 薬用毛髪力 イノベート医薬部外品2,838円なしBB
柑気楼 増医薬部外品5,260円なしBS
薬用M-1育毛ローション医薬部外品9,080円初回/1ヶ月以内BC
BUBKA ZERO医薬部外品12,000円初回/30日間SS
オゾンアソシア BraveGrow医薬部外品3,000円なしBS
サントリー ナノアクションD医薬部外品10,000円なしSS
ボストンスカルプエッセンス化粧品9,980円初回/45日間CS
スカルプケア トニック for MEN & WOMEN化粧品3,240円なしSS
バイタルウェーブ化粧品7,593円初回/30日間CS
プランテルEX化粧品9,700円初回/30日間SS
フィンジア化粧品9,980円初回/30日間AS

以上の比較の結果、おすすめ育毛剤は、下記の3つでした。

一つずつ紹介していきます。

チャップアップ

チャップアップのイメージ

チャップアップ』は、非常に豊富な成分を含んでいる育毛剤です。

チャップアップに含まれている成分から期待できる効果は下記の4つです。

  • 脱毛ホルモン抑制
  • 抗菌・抗炎症作用
  • 血行促進
  • 毛母細胞活性化

チャップアップは、あらゆるところでもおすすめされている育毛剤で、とても人気も高い商品です。豊富な成分が含まれているので、他の育毛剤が効果がなかった人にもおすすめです。

また、全額返金保障がついているので、もし気に入らなかったとしてもお金は返ってくるので、安心ですね。

価格(単品)7,400円(税込)/本
3ヶ月利用時22,200円(税込)/3本
内容量120ml/本

チャップアップ公式ページ

https://chapup.jp/

単品購入時・定期便利用時共にAmazonなどで買うよりも公式ページが最安です。(当サイト調べ)

イクオスEXプラス

イクオスEXプラスのイメージ

イクオスEXプラス』は、豊富な成分を含んでいる非常にコスパのいい育毛剤です。

AGAの原因に対して、様々な角度からの対処に期待できる成分が豊富で、以下のような効果が特に期待できる育毛剤でした。

  • 脱毛ホルモンの元になる「5αリダクターゼ」をブロックする
  • 脱毛の指令が出るのを防ぐ
  • 炎症を抑え、頭皮を健やかに保つ
  • 保湿・血行促進

以上のように様々な角度効果が期待できるので、AGAをなんとかしたい多くの方におすすめの育毛剤です。

また、商品が合わない場合には90日と比較的長い期間の返金を受け付けてくれること、フリーダイヤルで育毛の相談を受け付けていることから初めての育毛剤におすすめです。

価格(単品)7,128円(税込)/本
3ヶ月利用時20,834円(税込)/3本
内容量120ml/本

イクオスEXプラス公式ページ

https://iqos-official.jp/

単品購入時・定期便利用時共にAmazonなどで買うよりも公式ページが最安です。(当サイト調べ)

ポリピュアEX

薬用ポリピュアEXのイメージ
ポリピュアEX』は、豊富な成分を含んでいる育毛剤です。

ポリピュアEXに含まれている成分から期待できる効果は下記の4つです。

  • 脱毛ホルモンの元になる「5αリダクターゼ」をブロックする
  • 抗菌・抗炎症作用
  • 血行促進
  • 頭皮の保湿

小さなナノサイズで頭皮への浸透性にもこだわられた育毛剤です。

また、商品が合わない場合には45日間の全額返金保証があり、メールでの問い合わせにも対応しているので安心して申し込みができます。

価格(単品)6,800円(税込)/本
3ヶ月利用時20,400円(税込)/3本
内容量120ml/本

ポリピュアEX公式ページ

https://529270.com/

単品購入時・定期便利用時共にAmazonなどで買うよりも公式ページが最安です。(当サイト調べ)

4. 薄毛の効果を最大限高める使い方

育毛剤は正しい使い方をしなければ、効果は半減してしまいます。私も最初は雑に育毛剤を使ってしまっていました。

今では「もっと正しく、より効果的に育毛剤をつけることができれば、効果も違っていたかもしれない…」と思っています。

このページを読んでいる方々には少しでも効果的に育毛剤を使っていただきたいので、色々と調べて大事なポイントをまとめました。下記のポイントをおさえて使いましょう。

  1. シャンプーで汚れを落とす
  2. 乾かす
  3. 体を温める、頭皮を温める
  4. 育毛剤を塗布して浸透させる

① シャンプーで汚れを落とす

シャンプーをしているイメージ

頭皮に汚れがある状態では、育毛剤が頭皮に浸透するのを妨げてしまいます。そのため、育毛剤の効果をより得るために、頭皮の汚れを取り除くことが必要です。

しかしながら、洗髪の際に頭皮に負担のかかる洗い方になってしまうと、頭皮にダメージを与えかえって逆効果になってしまう恐れもありますので、あくまで優しく丁寧にすすぎの残しに気をつけることが基本です。

頭皮の皮脂は、頭皮を守るバリアの役割をしているので、洗いすぎはいけません。バランスが難しいのですが、以下のステップで洗ってみましょう。

  1. 洗う前に髪をとかす
  2. シャンプー前にお湯で汚れをよく落とす
  3. よく泡立ててからシャンプーをつける
  4. 爪を立てずにさっと洗う
  5. 洗い残しが無いようにしっかりと流す

② 乾かす

髪を乾かすイメージ

濡れたままの髪の毛だと育毛剤が薄まってしまったり、細菌が繁殖して薄毛につながる恐れがあります。

また乾かしすぎると髪に必要な水分まで奪ってしまう恐れがあります。

そのため8割程度までドライヤーで髪を乾かすのがおすすめです。

ちなみにドライヤーをして頂く際は温風を一箇所に過度に当ててしまうと、頭皮のトラブルの原因になります。そこで、温風と冷風を交互に当てて、過度に頭皮に熱を当てないようにしましょう。

また、「髪を乾かしてから使うこと」などと指定のある育毛剤に関しては、その用法を守りましょう。

③ 体を温める

バスルームのイメージ

髪を洗うのは入浴のタイミングだと思いますが、効果を高めるために、なるべく湯船に使って体を温めましょう。

体を温めることで血行がよくなり、頭皮が柔らかくなるので、育毛剤を使った時に頭皮に育毛剤の成分が浸透しやすくなります。

シャワーが多いという人は、少し熱めのシャワーを首の後ろ、脇に当てることで効率的に体や頭皮を温めることができます。

熱いシャワーは頭皮への刺激になると同時に、皮脂を落としすぎることに繋がるため注意です。

④ 育毛剤を塗布し浸透させる

これまでのポイントを抑えることで、より育毛剤が浸透しやすい状態になっているはずです。

このタイミングで適量を薄毛が気になる部分だけじゃなく、頭頂部から前頭部にかけて頭皮全体に塗布します。育毛剤は髪につけても意味がないので、なるべく頭皮につけます

生え際からつむじに向かって、らせんを描きながら頭皮をもみほぐします。

育毛トニックの使い方「なじませる」

出典:Youtube

頭皮を傷つけることがないように、爪を立てずに指の腹を使って優しくマッサージしましょう。

マッサージしながら血行をよくしていきます。

育毛トニックの使い方「なじませる」

出典:Youtube

シワを持ち上げるようにして動かすこともポイントです。

参考に下記に頭皮マッサージの方法もyoutubeなどで紹介されていますので参考にしてみてください。

参考:頭皮マッサージの方法

この基本的な動作と、このページで紹介するポイントを意識しながらマッサージしてみましょう。

この動画では指を丸く円を書くように動かしたり、包み込むように引っ張ったりする方法を紹介しています。

上記の動画の頭皮マッサージで指を動かすバリエーションをまとめると下記の4つです。

  • 指でグーっと押す
  • シワを押上げる
  • シワを押し上げるようにしつつ、円をかきながら動かす
  • 頭全体を包むようにし、引っ張り上げる

これらの動きを参考にしながら頭のシワを動かしましょう。

5. 育毛剤のメリットとデメリットと効果の高い育毛対策

これまで育毛剤について詳しく紹介してきましたが、薄毛を改善するための対策というのは育毛剤以外にもたくさんあります。

このページではこれまでの内容を踏まえた上で、育毛剤のメリットとデメリットを整理しました。

私は育毛剤以外にも育毛対策を試してきましたが、その経験もからわかった効果の高い育毛対策について紹介していきます。

  1. 育毛剤のメリットとデメリット
  2. 筆者も試した!効果の高い育毛対策
  3. 現状維持ではなく薄毛を改善したい人はクリニックに行こう!

5-1. 育毛剤のメリットとデメリット

これまでの内容を踏まえて、メリットとデメリットについて紹介します。

この章を参考に、あなたがどんな育毛剤を使うべきなのかを知りましょう。

メリットデメリット
  • 体調に関わるほどの副作用のリスクなく始められる
  • 病院に通わなくても良い
  • 現状維持や薄毛の予防ができる可能性がある
  • 効果が確実ではない
  • 頭皮が荒れたりする可能性がある

もし育毛剤のメリットに魅力が感じられない場合や、デメリットが気になる場合は次で紹介する他の育毛対策を参考にしましょう。

5-2. 筆者も試した!効果の高い育毛対策

筆者は自分の髪を若かりし頃に戻すために、下記の表にあるようなあらゆる対策を試してきました。

最終的に、見た目に変化が現れた対策は医薬品で、それ以外の対策については、「抜け毛が減った」など、少し効果があったかなと感じるものも中にはありましたが、見た目を変えるほどの効果は得られませんでした。

その経験から、効果があったと考えられる順におすすめ順位をつけました。

※下記の順位の方法の青い文字から、各解説ページに飛ぶことができます。

おすすめ順位と方法効果の高さおすすめな人・必要な人
1位. 医薬品★★★★★・すでに髪が薄くなってきており
早く確実に薄毛を食い止め、改善したい人
2位. 育毛剤★★★☆☆・薄毛の予防や現状維持したい人
・薬やクリニックに抵抗がある人
3位. シャンプー★★★☆☆・頭皮環境が乱れている人
(フケ・赤み・かゆみ・べたつき)
4位. 育毛サプリ★★☆☆☆・食生活をどうしても変えられない人
5位. 日常生活の中でできる対策★★☆☆☆・全ての人がすべき育毛のための土台作り

確実に改善したい人はクリニックへ、医薬品に抵抗がある人は育毛剤やシャンプー、日常生活などの対策をしてみてください。

あなたの状況や希望に合わせて、上記の表から飛べるページを参考にぜひ薄毛を回復させるための情報を仕入れてもらえればと思います。

5-3. 現状維持ではなく薄毛を改善したい人はクリニックに行こう!

育毛剤ではどうしても現状維持や予防効果程度です。そしてさらに現状維持ができる可能性があるだけで、薄毛の進行が早い人や、頭皮環境が原因で薄くなっている人以外は効果は薄いでしょう。

もし、「より確実に現状維持をしたい」「薄毛を改善したい」というのであればクリニックに行って、医薬品を処方してもらうことをおすすめします。

最初に紹介したリアップも、クリニックで処方をしてもらえる「プロペシア」などを使った上で、次の一手としてリアップを併用することをおすすめします。

こちらの記事「薄毛治療完全ガイド|何科に行くべき?から全国地域別おすすめ病院まで」で比較を行なっていますが、全国に拠点があり、価格が安く、治療法も豊富な最もおすすめのクリニックを下記に紹介します。
※クリニックによって薬の価格が大きく違うため、なるべく安いクリニックを選びましょう。

『AGAスキンクリニック』

AGAスキンクリニックの公式ページ

AGAスキンクリニックは非常に低価格で豊富な治療を受けられる、私が最もおすすめしたいクリニックです。

提携院含め全国に50院以上ある業界の中でも最大規模の薄毛専門クリニックで、費用に関しても毎月3,000円台からと業界最低水準で治療を受けられます。

AGAメソセラピーなど高度な治療も行っているので、治療をこれからはじめる方だけでなく、色々試したけど効果がなかった人にも、全ての方におすすめのクリニックです。

主な治療内容及び費用
  • カウンセリング・・・・・無料
  • 初診料・・・・・・・無料(一部の治療を始める時のみ5,000円)
  • プロペシア、ファイザー等・・・・3,400円/月〜
  • ザガーロ・・・・・・・・・・・初回4,800円 〜
  • オリジナル発毛薬Ribirth・・・・35,000円/月〜
  • AGAメソセラピー・・・・・・・・50,000円/回〜
拠点

【関東】東京 (秋葉原・池袋・上野・品川・渋谷・新宿・町田・立川)、神奈川(横浜・川崎)、埼玉(大宮・川口)、千葉(千葉・柏・船橋)、栃木(宇都宮)
【北海道・東北】北海道(札幌)、青森、宮城(仙台)、秋田
【中部・北陸】富山、愛知(名駅錦通・名古屋栄・名古屋)、静岡(静岡・浜松)、三重(四日市)
【近畿】京都(河原町・駅前)、大阪(梅田2・京橋・難波・天王寺・堺東)、兵庫(神戸・姫路)
【中国・四国】岡山、広島(広島・福山)、愛媛(松山)、高知
【九州・沖縄】福岡(福岡・小倉)、熊本、鹿児島、沖縄(那覇)
【女性専用クリニック】東京 (新宿・銀座)、愛知(名古屋)、大阪(梅田)、京都(京都)

AGAスキンクリニック公式ページ

https://www.agaskin.net/

似たような名前のクリニックがたくさんあるので、間違えないようにしましょう。

6. 育毛剤や薄毛についてのQ&A

ここでは、育毛剤や薄毛に関してよくある以下の8つの質問に対して解説をしていきます。

  1. 育毛剤・発毛剤・養毛剤の違いは?
  2. 男性向けと女性向けの育毛剤はどう違うの?
  3. 値段が高い育毛剤のほうが効果があるの?
  4. 育毛剤以外の薄毛対策は?
  5. 育毛トニックってどうなの?
  6. 頭頂部の薄毛も改善するの?
  7. M字・生え際の薄毛も改善するの?
  8. 薄毛の治療ってどんな方法があるの?

気になる話題を見つけた方はぜひご一読ください。

① 育毛剤・発毛剤・養毛剤の違いは?

「育毛剤」「発毛剤」「養毛剤」に明確な定義はされていません。効果の強さでいうと、あくまでもイメージですが[発毛剤>育毛剤>養毛剤]というような順番です。

一般的には「髪を太くする」「髪にボリュームを出す」「髪を生やす」などの髪に関する効果効能が期待できるものを総称して広い意味で「育毛剤」と使われていることが多いです。

発毛剤も育毛剤と同じく、定義がされていないあいまいな言葉です。

発毛は育毛と区別して、髪が生えていない所に生えることを「発毛」として使われリアップなどを指している場合もありますが、髪が育つことも新しく生えることもまとめて発毛と使われていることもあります。

② 男性向けと女性向けの育毛剤はどう違うの?

男性と女性では薄毛になる理由が異なるため、それに合わせた育毛剤になります。

 薄毛の主な原因育毛剤に求められること
男性男性ホルモンから脱毛ホルモン(DHT)が生成される脱毛ホルモン(DHT)やその要因となるホルモンの抑制
女性女性ホルモンの減少女性ホルモンのような働きをする成分や栄養補給

上記の表にあるように、少し違いがあります。

さらに、男性は女性に比べ皮脂が多く、皮膚が厚いため女性よりも育毛剤が浸透しにくい特性を元に開発されているため、女性用であれば浸透力が弱いなどの問題もあります。

そのため、基本的に男性は男性用、女性は女性用の育毛剤を活用しましょう。

最近は女性も男性も使える育毛剤やその逆も増えていますが、なるべく性別に合わせたものを選びましょう。

③ 高価な育毛剤のほうが効果があるの?

高価な育毛剤の方が効果があるとは言えませんが、あまりに安いものは保存期間を長くしたり使用感をよくするために、皮膚に刺激になる可能性のある成分が入っていることは少なくありません。

特に2000円以下の安すぎる育毛剤はアルコール成分の濃度が高いものが多いのでおすすめしません。

④ 育毛剤以外の薄毛対策は?

育毛剤以外にも、「日常生活を整える対策」「シャンプーを変える」「サプリ」を使うなど、育毛対策はたくさんあります。

育毛剤以外の薄毛対策について知りたい人はこちら『プロが教える育毛入門ガイド|効果のある正しい対策がスッキリわかる』を参考に、より確実な育毛対策を行なっていただければと思います。

⑤ 育毛トニックってどうなの?

育毛トニックは主に清涼感などを重視した育毛剤のようなものと考えていただければわかりやすいと思います。

主に血行促進作用と殺菌作用などがメインです。

アルコールの濃度が高く頭皮が荒れてしまう可能性があり、薄毛を改善したり予防する効果は見込めないのでおすすめしません。

育毛トニックについて詳しく知りたい人はこちら「育毛トニックは逆効果?薄毛改善には注意すべき2つの理由」を参考にしてみてください。

⑥ 頭頂部の薄毛も改善するの?

頭頂部の薄毛は、クリニックで処方してもらえる飲み薬の医薬品を使うことで改善できる可能性があり、塗り薬であるリアップなどを併用することでよりその確率は高めることができます。

薄毛が進行している場合、育毛剤では追いつかない可能性があるので、注意しましょう。

頭頂部の薄毛について詳しく知りたい人はこちら「頭頂部の薄毛完全ガイド|プロが教える10の対策から髪型まで」を参考にしてみてください。

⑦ M字・生え際の薄毛も改善するの?

M字や生え際の薄毛も、医薬品や先進医療などを使うことで改善できる可能性があります。

ただ、一度後退してしまった生え際を元に戻すのは難しいので、それ以上に症状を進行させないための予防が重要です。

生え際の薄毛について詳しく知りたい人はこちら「プロが教える!後退した生え際を確実に育毛するための全知識」を参考にしてみてください。

⑧ 薄毛の治療ってどんな方法があるの?

薄毛の治療法は医薬品以外にも下記のような治療法があります。

  • AGAメソセラピー
  • HARG治療
  • 植毛治療

最初は薄毛の治療薬を使ってみて治療が追いつかない場合は、薬の併用や強い薬に変えていくことで治療をしていきます。

もし、より高度な治療も検討したい人のために、こちら「薄毛治療で改善できる?クリニックの選び方とおすすめ10選」で様々な治療法について詳しく紹介していますので、参考にしてみてください。

7. さいごに

薄毛に効果がある育毛剤について詳しく解説してきましたがいかがでしたでしょうか?

育毛剤は薄毛を改善するほどの効果は得られない可能性があります。唯一医薬品の『リアップ』はおすすめできますが、できれば『AGAスキンクリニック』などのクリニックに行って、医薬品を処方してもらった上で、併用を促された場合に使うことをおすすめします。

もし育毛剤で対策をしていく場合は、なるべく豊富に成分が含まれていて、コスパがよいものを選びましょう。

あなたがベストな育毛剤と出会えることを心から祈っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket